FC2ブログ
 

光明ハイキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山道具2

山道具の続きです。今回はベースレイヤーで検証。山歩きをはじめた当初はユニクロやミズノの製品を着ていましたが、その後パタゴニアのキャプリーン素材のベースレイヤー キャプリーン2.
化繊のキャプリーン・ベースレイヤー、パタゴニアの説明では、肌からの水分を吸湿発散して優れた通気性と速乾性を提供します。パタゴニアではアンバサダーやフィールドテスターらの協力のもと、その素材や構造の改良を絶え間なくつづけています。現在ではキャプリーン素材はすべてブルーサインの認証済みとなり、アップデートしたスタイルを一貫したアスレチックなフィットでお届けしています。いずれの素材も天然の抗菌物質を利用したポリジン防臭加工により、ウェアの臭いを非常に効果的に抑制します。キャプリーン・ベースレイヤーは、大量に汗をかくようなアクティビティや湿ったコンディションに最適です。とあります。これがなかなか優れもので汗をかいてもベタベタにならず、気温の低い山頂でもあまり寒くなりません。少し気温の低い春先のトレッキングにお勧めのアイテムです。
tomtom2013sofi@gmail.com
最近買ったファイントラックのベースレイヤー、ドラウトエアジップネックなるもの、非常に薄くて軽くていかにも涼しそうなのですが、何かしら着た時の感触や肌に触れる感触が暑く感じ爽やかさにかけます。それでも暫くして汗をかけば、涼しくはなるのですが、それでいて行きの電車の車内ではクーラーで寒くなり、上にもう一枚羽織らなければならないし、洗濯も結構糸がささくれた手に引っかかるので、洗濯や取り扱いに気を使います。


そこでパタゴニアのメリノウールのベースレイヤー、メリノウールに20%のキャプリンを配合してもので、私の持ってるのはこれのジップアップですが、

汗ばむ季節でもそれほど暑くならずに、寒い所では体温を保温してくれます。洗濯も普通に選択しても平気です。酷暑の夏を除いてのベストアイテムだと思います。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。