FC2ブログ
 

光明ハイキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もの思う秋

先日幼稚園から中学までの同級生が亡くなり、お通夜に行きました。中学卒業後は特に付き合いも無かったのですが、血液癌に冒されて病気発覚後僅かな時間でなくなられてそうです。霊前には8月17日に病院のベッドで迎えた、57歳の誕生日の姿が飾ってありました。やはり同じ歳の友人が亡くなる事はいろんな事を考えさせられます。
また前の会社で一緒に仕事をしていたKさんも、45歳と言う若さで突然なくなられました。
 誰だっていつ死ぬか分からない事、体が動く間に、生きている間にいろんな事をやりたい!!誰しもある年齢に達するとそんな自分と葛藤するのでしょうか?
 ブルーレイディスク、時計、カメラ、車、ミラノ、ニューヨーク、パリ、ロンドン・・・!!自分は本当に俗物で欲しい物や、行きたいところが数えれば限りありません。アレも食べたいコレもしたい、アンナ物も欲しい。こんなに欲がある人間ほどお向かえが早く来るような気がします。
 頚椎症で会社を辞めていつも首や肩の痛みで悩まされていますが、朝の通勤時に身体に障害のある方が、一生懸命に階段を登る姿や、足の不自由な方達が通勤する姿を見るにつけ、自分への甘えを痛感するこの頃。
人はそれぞれ皆いろんな悩みや、痛みと戦いながら(上手く付き合いながら)生きているんだな、自分の悩みや痛みは、本当はとってもちっぽけな物でしかないこと。
 まあそういいつつも、新しい物や、テレビで世界の町の紹介番組を見ていると、まだまだ欲求は絶え間なく湧いてきます。
それがまた生きる力、働く力になるのかも知れません。
そんな自分に嫌気も感じつつ、生き永らえていく侘しさ、こんな自分を必要としている人が居ればまた生きがいも感じられるのでしょうが・・・。
 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。