FC2ブログ
 

光明ハイキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣島3 西表島トレッキング

二日目は石垣島から船に乗って、西表島へ
今日は西表島でプライベートトレッキングです。
ガイドは大阪から移住して12年の パッソグリーンステージの小野さんにお世話になりました。
生憎の雨の中8時半の高速船に乗り西表島へ、船は大揺れ飛行機の乱気流よりもっと激しく上下します。揺られること40分、西表に到着。
P1050122.jpg
当日は波が荒く上原港に行けなかったので、大原港まで車でお出迎え。その分船賃は安くつきました。上原港までなら通常は往復4400円になります。
車で走る事、約30分道の路側帯に車を停めてトレッキング開始。先ず靴をフェルト底のダイビングシューズの様な靴に履き替え、膝丈まで水に入るとの事で、半パンにレギンス上は長袖のシャツに上から娘夫婦の結婚式2次会参加者に配ったオリジナルTシャツの出で立ち!本当にここがコースかと思うような細い道を歩きます。何度か浅瀬(雨が続きかなりの濁流)を渡り、ガイドは軽く流しますが還暦を迎える老夫婦には結構命がけスリル満点。酷い所では股の付け根まで浸水。おまけに川底は苔だらけで滑るし、濁って底も見えないから何処に浅瀬があるのかも分かりません、一度は深みにはまりあわやという所も有りました。

P1050123.jpg

しばらく歩くと殿を歩く私に異変!!何か小さな虫、コバエのような物に囲まれた感覚。首筋と手首に軽い痒み、前の二人はおでこを刺されたとか、後で明るいところで見ると首筋に20数か所手首に10か所程度の赤い斑点!!

P1050139.jpg

ガイドの小野さんによると、「モッコですね海辺とかで子供がよく刺されます、後でキンカンとか塗っておけば大丈夫ですよ。」何となく安心かゆみ止めを買いに行かなあかん。
一旦コースを外れてランチタイム、近くのマングローブ群生地の見渡せる展望台でランチ、今日のメニューはソーキソバに島豆腐とアオサを乗せたものと赤米のおにぎり。

P1050135.jpg
準備で小野さんがその場を離れた時に居合わせた別のガイドが、「西表島の洗礼を受けましたね!今晩は痒くて眠れませんよ!普通の痒み止めでは全くダメで皮膚科でキシロカインなどの表面麻酔が必要です。」何と恐ろしい御言葉、何を隠そう私は痒いのが大の苦手、どんな夜中でも蚊の羽音だけでもう眠れません。そんな私には死刑の宣告並みの恐ろしさ!その後のトレッキングも上の空、只管ネットでモッコの検索、どうやら正式名は糠蚊 と書いてヌカカと言うらしい。本州にもいるようです。ネット上では酷い痒みが2週間続き皮膚科で処方して貰うらしい
P1050127.jpg
P1050148.jpg




その後もトレッキングは続き人の余り入った様子も設備も無い鍾乳洞を抜けブッシュを歩き石垣島トレッキング完歩。

船の時間までまだ時間があるので、独立行政法人の運営する西表材木育種センター何とかで、西表島の自然のお勉強(殆どお客さんがいませんでしたが3人の職員?)。西表島山猫は結構交通事故で死んでいるようです100匹以上、西表島では野良猫を作らないために全ての飼い猫にマイクロチップを埋めているそうです。


その後日本最南端の温泉へ、小さな雨の降る中水着着用で露天風呂。程よい暖かさで冷え切った体を温まります。
それにしても気になっルのは西表島の洗礼、、、、。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。